June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

日本漫遊放送開始記念ミニイベント

10/30日、日本漫遊の放送を記念してミニイベントを開催しておりました。

picture - イベント会場
(レポーターとともにいつも登場、点心熊猫ちゃん)

写真でちょこっと左側に見えているのは、イベントの最後にやったBINGゲームの景品です。この日、一番の景品はなんと定価3000元ほどするケータイ電話! 本当は前の日の当Blogでご紹介してもよかったのですが、なるべく中国人の方に来てもらいたかったので、日本人は身内で少し呼ぶぐらいに抑えました。

イベントは多くの方に来ていただき、盛況のうちに無事、終了いたしました……。



ただ…




picture - ブリーチ司会者
(!?)



この迷司会(黒服)をのぞいては…(苦笑)

※次回、続きを書きます。

上海動アニメ衛星チャンネルで日本アニメ情報番組放送開始!

10月29日(土)より上海動アニメ衛星チャンネルで『日本漫遊』という、日本のアニメ・マンガ情報番組が始まります。放送時間は毎週土曜日夜10時10分(再放送:翌日の日曜日朝11時10分)からです。

picture - 点心熊猫
(番組内にて登場するマスコット 『点心熊猫』ちゃん)


上海とその周りの省で受信できるチャンネルだそうなので、是非、受信可能な方は見てください、そして応援よろしくお願いいたします。番組の最後にはプレゼントの告知が毎週ありますが、私個人宛に『黄金まんじゅう』を差し出されてもプレゼント当選に影響が出ることはございませんのであしからず〜。


日本漫游
上海动卡通卫视频道(※上海動アニメ衛星チャンネル)
毎週土曜日 午後10:10〜10:40
再放送日曜日 午前11:10〜11:40

上海で『正規版のみ』のアニメイベント11月9日〜13日

上海文匯新民連合新聞集団、本社ビルの『ローマホール』で27日午後2時、11月9日から5日間上海で行われるアニメイベントの記者発表会が行われました。
picture - roma hole
(開始1時間前に撮影)

今回のイベントの根幹となる部分はずばり『著作権保護』と『海賊版反対』です。「著作権の保護なくしてコンテンツ産業の発展なし!(※要約いたしました)」という主催の日本貿易振興機構(JETRO)の上海代表処、コンテンツ流通促進センター長の力強い発言のもと、イベントの告知が行われました。

当Blogで再三とりあげている中国のアニメイベントをずばり一言で言うと『海賊版グッズの即売会』です。今回のアニメイベントは会場の規模こそ小さいですが、展示作品は日本動画協会のものを使用しており、中身のあるイベントになっています。間違いなく中国で初めて正規版コンテンツだけで行われるアニメイベントだと言っても過言ではありません

アニメの展示作品は中信泰富広場の地下1階で行われます。


また今回のアニメイベントはアニメ作品の展示以外に、映画上映、シンポジウムを準備しています。

映画は新海誠監督『雲のむこう、約束の場所』と押井守監督『イノセンス』の2本が公開される予定です。場所は蘭心大劇場です。

そしてシンポジウムは次の4つのテーマに分かれ、2日かけて行われます。
テーマは以下のとおりです。講師の方もそうそうたるメンバーが招待されています。場所は記者発表会と同じく文新集団のビル内です。

11月11日
「アニメ制作の現状と課題」
「アニメコンテンツビジネスについて(マーチャンダイジングなど)」
「アニメコンテンツビジネスとメディアの関わりについて」

11月12日
「著作権ビジネスの重要性と海賊版対策について」



picture - ポスター3枚
(展示・映画・シンポジウムのポスターです。)




もっと細かく紹介しなければいけないのですが、何せ10月入って何度も『寝るときに空が明るくなっている』という状態です、いまモーレツに眠いです…。ということで詳しくは明日にでも加筆させていただきます。

最後に今回のこのアニメイベントの成功率は本当に未知数で、関係者一同期待と不安が入り混じっております。しかしできる中で最大限努力して準備をしてきたイベントなので、残り約2週間、精一杯がんばろうと思います。



けど、今は睡魔に勝てません……。おやすみ。

中国で「サル、ゲッチュ」

もうすぐみなさんには公表できると思いますが、あるイベント告知用にソニーさんにお願いしてサルゲッチュの着ぐるみを撮らせていただきました。
以下、撮影終了までのいきさつをご紹介します。

担当の方「なるべく人通りの多いところは避けた方がいいですね。もし万が一公安に見つかって捕まったら、ホント、『サル、ゲッチュ』ですからね、シャレになりませんよ。ははは」

私「ははは、ほんとに。あ、今ディレクターとカメラマンが打ち合わせしてるので少しお待ちください。」

待つこと3〜5分。

移動…、目的地到着。



着いた場所は上海の超有名観光スポット、南京路だった。

picture - 南京路
(写真は夏。)
» read more

玩具展に行ってきた、けど……

結論、『普通過ぎて特に感想はありません。』

picture - 会場 picture - 会場内
(会場の外と中)

会場の外で通行パスを持っているおじさんがいて、「10元で貸してやるよ。」と。で、入り口で係り員がバーコードリーダーのような機械でパスをチェックした後、おじさんが「はい、じゃあそれ返して。」と返却。そんな管理でいいんだろうか、玩具展…。

日本からはタカラ・トミー・バンダイがブースを出展していました。それ以外にも海外ヨーロッパ系の企業もいくつか見られました。ただ感じたのは、どこも自社で自信のあるオモチャをアピールしていましたが、なんとなく本当に中国の消費者が欲しいと思うようなものを探っているのではないかと思いました。なんとなくね。

さて帰りに急ぎで撮ったこの写真、何が写っているかというと……

picture - 逆光写真
(逆光になってしまいましたが、わかりますか?)
» read more

審査をしていないアニメの放送を禁止

ちょうど1ヶ月ほど前だったでしょうか……。中国国内において、政府が審査をしていないアニメ作品を別番組にて放送することを禁止する通知が出た、とのニュースがありました。少し説明すると、中国において、テレビで番組を放送させるためには、まず国家の審査をパスしなければなりません。許可が下りなければそれは放送してはいけないことになっているはず……なんだけど、この1ヶ月、アニメチャンネルをときどき見ていましたが、特にこれといった変化は見られませんでした(イベント含め)。


そんな中、アニメ産業を育てていこうという目標のもと、テレビ局では次々とアニメ専用チャンネルが開設されておりますが、放送されている内容ははっきり言おう、「視聴者をなめてんのか?」と。

テレビに携わるものとして、悪いけれど3Dソフト初心者が作るような作品を集めて一つの番組に作り上げ、それを放送するなど犯罪に等しいです。それから、別の国で放送されたばかりの最新のアニメの映像や資料映像(声優のトークなど)を使うのは、文字通り立派な犯罪なのではないでしょうか?中国は、というより、アニメだとありなのってね。

picture - これがアニメチャンネルだ!
(FF7の映画。人物の紹介だけ字幕テロップ入り)

国産のアニメ産業を発展させるという目的で、次々とアニメチャンネルを開設する政府のやり方もナンセンスです。よく中国系のニュースで取り上げられる「年間10万〜40万分もの放送時間を埋めるためのアニメ作品が不足している」と言われていますがが、要するにアニメ専用チャンネルを1つ開設するごとに時間が足りなくなるのは当たり前のことですから、その辺考えてチャンネルを開設すればいいだけのことなのです。日本はアニメ大国と言われていますが、日本でも年間新しく作れるアニメ作品って、時間にして10万分無いんじゃないでしょうか?



こうしたよくわからない状況があいかわらず続いている中国ですが、徐々に見えはじめてきた部分というのもあります。そこをもっとはっきりさせるため、現在、あるプロジェクトが進んでいるのでした!

まだ発表できなくてごめんなさい、ということで、それでは。

2005中国国際アニメ・デジタル芸術ウィーク レポート前編

以前お伝えした常州で行われていたアニメイベントへ、国慶節期間中の10月4日行って来たのですがそのレポートが遅くなりました。すいません。

picture - 展示会場1
(展示会場は大きく3つあり、写真はそのうちの一つ。)

仕事が大変だったせいもありますが、このイベント自体がもっと大変だったのでレポートする気にすらなりませんでした。これも東方明珠で行われたイベント同様、写真を交えながらご紹介していきたいと思います。

picuture - スレイヤーズとカプコンゲームキャラ…
(なぜかスレイヤーズとカプコンゲームキャラがお出迎え。左は知らない)

まずは3つあるうちの1つ目の会場を紹介します。
» read more

中国玩具展 10月18日〜20日

中国玩具展[Zhong1 guo2 wan2ju4 zhan3](※日本語はそのまま「中国おもちゃ展」と読めばいい)が2005年10月18日〜20日の日程で上海世貿商城という場所で行われます。18日と19日は9時〜17時、20日は15時で終了です。

昨年、以前杭州で勤めていたときにそのときの同僚がこのイベントを見学してきたときに撮ってきた写真を見ましたが、いわゆる、当ブログでお伝えしているようなアニメイベントとはまったく無関係で、しっかりとしたイベントのようです。今年もたぶん。

ということで水曜日は「中日の橋」のアフレコ作業があるので火曜日行って来ようと思います。最終日の木曜日は行くなら午前中、なるべく早く行きましょう。中国のイベントはどれも最終日、終了を待たずにさっさとブースを片付けてしまうので、午後行ってもほとんど何もないかもしれませんのであしからず。

中国玩具展 SHANGHAI TOY EXPO
日時:2005年10月18日〜20日
時間:9時〜17時(※20日のみ15時終了)
場所:上海世貿商城
住所:上海市长宁区义路
    ※上海市長寧区興義路

ホームページ:http://www.shanghaitoyexpo.com.cn/

警察に「捕まり」ました

先月中ごろ、ある日の晩の話。
2人の上司と一緒にこれから打ち合わせをする先までタクシーを拾って行こうとしていましたが1台もつかまらず、長い時間待っておりました。

picture - 上海のあるT字路
(会社付近のT字路で3人、3箇所でタクシーを探すも中々見つからず)

待つこと30分、タクシーじゃなくて、走って行く男の後ろを自転車に乗った公安が追いかけて行くのを目撃、男はとある団地へと逃げ込んで行きました。

ちょうどそれを目撃したのと同じぐらいのタイミングで、タクシーが1台止まりました。チャーンス!とばかりに走ってタクシーのドアに手をかけた瞬間、何かにギュっと二の腕を捕まれ何事かと振り返ってみると、それは公安でした。

一言、「你刚跑走了的...(直訳:お前、さっき走ってったやつか?)」
» read more

3日、東方明珠のアニメイベントへ行ってきました。

10月3日、東方明珠の真下にある展覧ホールで行われていた『第7回上海国際マンガ・アニメ展覧会』へ行ってきました。期待を裏切らない予想通りのイベントだったのでした。写真を交えながらご紹介していきたいと思います。

picture - 上海アニメイベント
(あいにくの天気でした。)

picture - アニメイベント入り口
(入ってすぐ、館内マップとともに…)

まず入ってすぐ、館内マップとともに描かれていたのは、ガンダムSEEDのアスランやあずまんが大王、スレイヤーズ、アベノ橋魔法☆商店街などの豪華キャラクターたちでした。
» read more
<<back|<234567891011>|next>>
pagetop