November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

直感で見抜けるか!? キャラクターの中国語名。

基本的に中国では日本のマンガ・アニメキャラクターたちの名前は漢字であれば、それがそのまま適用されます。例えばもう世界中の誰もが知っている「スラムダンク」、中国語名は=* 灌篮高手 *=[guan4 lan2 gao1 shou3]と言われ、主人公の桜木花道はそのまま=* 樱木花道 *=[ying1 mu4 hua1 dao4]だし、流川楓だって=* 流川枫 *=[liu2 chuan1 feng1]となります。

漢字の表記に多少違いがあるのと、あと日本語と中国語は根本的に漢字の読み方が異なりますので、初めて中国語で樱木花道と言われても、おそらくスラムダンクを知っている人ですら解る人はいないでしょう。
カタカナであまり外国語の音を書きたくありませんが、発音はこうなります。

桜木花道 … さくらぎ はなみち
樱木花道 … インムー ホォワダオ

…全然違うやんけ。
» read more

「ぼくの孫悟空」中国初のハイビジョンDVD

2004年10月28日、手塚プロ「ぼくの孫悟空」のビデオ発行の正式許諾が下り、その記者会見が北京ダイナスティホテルにて行われました。中国では今日本産アニメに対する規制が厳しいと言われている中での認可ということで、うれしさのあまり忙しい合間をぬって、手塚プロから松谷社長が出席したということです。

この「ぼくの孫悟空」はDVDで発売される予定なのですが、これがなんと中国初のハイビジョンDVDということで、さらに注目を集めたのでした。

さて、中国語でこの「ぼくの孫悟空」、いったい何と言うでしょう?
» read more

中国色が出ている、日本のマンガ

曇り雨
最近中国の話題を目にする機会がほんと多くなったと思いますが、マンガ誌上でもそんな傾向を感じませんか? まあマンガ家って色々新しいものをどんどん取り込んでいこうっていう人種ですから、その行動が珍しいと言いたいわけではありません。

私が記憶している範囲で言うと、コミックバンチが創刊されたときにスタートした2大マンガ「Angel heart」と「蒼天の拳」はともに中国を舞台、もしくはストーリー上中国と関わりがある内容でしたし、私の大好きな「取締役 島耕作」は、中国は上海で仕事始めました。いまマンガ家にとって中国がホットスポットであることは紛れもない事実なのです。

ところで最近中国の「漫友」というサイトで面白い記事を見つけました。(http://www.comicfans.net/news.asp?id=75551492)その記事では漫画アクションには中国色のマンガが満載しているというものでした。漫画アクションってどんなマンガ雑誌か、知ってますか?
» read more

中国のマンガ事情 その 0の1

木曜日の授業に遅刻してしまい発言の時間があまりありませんでした、前の日にきちんと準備してたのにこれじゃあ本末転倒です。まったく……。
その限られた時間でとりあえずしゃべることはしゃべってきたので、そのときの様子と内容はまた後日お伝えするとして、まず質問です。

漫画マンガの区別は何ですか?」

表記の仕方ではなく、概念的な違いです。このキーワードが本題の中国のマンガ事情を語っていく上で重要になってくるのですが、なんだかわかります?

ちょっと考えてから続きを読んでくれたらうれしいです。
» read more

中国のマンガ事情  その 0

中国のマンガ事情を留学中に実際この目で見て肌で感じた内容でお伝えしようと思いましたが、木曜日にちょうど授業で “マンガ”をお題にして授業で何か発言をすることになったので、後日この授業の様子も踏まえてお伝えしたいと思います。
» read more
<<back|<1234
pagetop