July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

10月初めに行われた日中アニメ・マンガ文化交流の影で…

10月初めにある中国系サイトに掲載されていたニュースによると、『日本国土交通省と中日アニメマンガ研究センターとの協力によって『2006中日動漫交流訪問団』が結成され、日本のアニメやマンガに関係する場所を6日間に渡って訪問した』とあります。

5日に国土交通省や外務省との名だたる高官たちとの面談を、6日には宇都宮市文星芸術大学にて『中日アニメマンガ研究センター』設立のテープカットのセレモニーなどが行われたそうで、訪問団には宇都宮市から栄誉市民(※中国語からの翻訳なので正確な単語は不明)が送られたとのこと。


内容をだいぶ割愛させていただきましたが、この文章だけですとアニメ・マンガを媒介にした日中間の交流イベントの様子に過ぎません。しかしこの続きに書かれていた一文に、私は非常に注目しています、それは↓

この『中日アニメマンガ研究センター』は、日本側は超党派議員である『日中新世紀会』、中国側は北京電影学院動画学院と≪動漫販≫雑誌社共同によって画策され成立している。



『動漫販』って、反則スレスレ(というよりアウトロー)な、中国のアニメ・マンガ関連情報誌だということを、日本側の関係者たちは知っているのでしょうか?

» read more

中国では少女マンガのスタイルが受けている?

フジサンケイビジネスアイで、中国でマンガ「フルーツバスケット」の正規版が発売されたという内容のニュースがありましたが、本文の「日本発の人気少女漫画コミックが中国に“初上陸”した。」という部分に何となく目がいきました。

photo - book
(先月は4巻まででしたが、その1ヶ月後には12巻まで発売されていたので大人買い)


とりあえず“正式”では“初上陸”かもしれませんが、海賊版の形ですでに中国には大量の日本のマンガがなだれこんできており、その数は半端ではありません。
» read more

ザリ〜♪

10月、上海、と言えば…

photo - kani

カニしかな〜い!
» read more

ゴールデンタイムに外国産アニメが放送されなくなって1ヶ月…しかし〜

9月1日に中国でゴールデンタイムの17:00〜20:00の間、外国産アニメの放送を禁止するという決まりが出されてから1ヶ月ほどがたちました。この決まり、正確に言うとアニメチャンネルでは外国産アニメの放送が禁止されているだけではなく、必ず国産のアニメを放送するように義務付けられているのです(その他のチャンネルでは外国産のアニメを放送してはいけないだけで、アニメではない番組を放送してもOK)。

ただしこの決まりで定められているゴールデンタイム以外の時間では従来どおりの方法でアニメを放送してもかまわないのです。そこが抜け道となりました……。
» read more

上海2大アニメイベントの結末(※6月)

※4ヶ月前に『上海2大アニメイベントの対決』という投稿を行ったまま、そのままほったらかしになっておりました……。

結論から言うと予想通りのイベント内容で、興行結果は詳しく発表されていないのでわかりませんが、少なくとも公言しているような『中国のアニメ・マンガを育てよう』という類のものではありませんでした。ただ一つだけ光明があったとすれば、それは海賊版の販売が激減し、ほとんど見当たらなかったと言ってもいいぐらい改善されていたということでしょう。これには日本から来ていた玩具メーカーの関係者もちょっとビックリしておられました。

photo
(この『8万人スタジアム』の入り口は実はフェイク。本当はこのゲートを通ってずっと奥に学校の体育館みたいなところがあり、そこが会場の『2006上海カートゥーン総動員』)

photo
(昨年に引き続き上海展覧中心で行う『第2回中国国際マンガ・アニメ・ゲームフォーラム』。同じくSEGAの大きな看板が。)
» read more

国慶節、上海でアニメイベント3つ。全国では……

中国には国慶節という10月1日から7日まで、1週間の連休があります。この期間中は中国全土の観光地では人がごった返し、列車・長距離バス・空港などのターミナルは出かける人たちでえらいことになります。

この時期、色々お金もうけしようと各地で様々なイベントが催されていますが、『動漫展』、いわゆるアニメフェアもまたこの時期、学校が休みとなる学生たちを狙って数多く開催されました。上海で3つ、そしてなんと中国全体ではこの国慶節中に12ものアニメフェアが開催されているという自体になっているのです。
» read more

第4回世界コスプレサミット 涙と感動の舞台裏レポート イタリアチーム編

前回の記事で優勝はブラジルだったと書きましたが、2位はベルバラのコスプレで早着替えというパフォーマンスを見せた日本、3位はアームズのコスプレをしたイタリアでした。

wcs2006 - team Italy
(ダイビングに使うウェットスーツを改造しているらしい)

さてこのイタリアチーム、本番のコスチュームは本人の顔がまったく確認できないぐらいスポっと覆われたものでしたが、男の子は笑顔が素敵なナイスガイで、女の子もかわいらしい子でした。本番当日、まずはリハーサルを行うために各国代表のコスプレイヤーはお昼ごろホテルのロビーに集合だったのですが、熱心な二人はホテルの入り口前でパフォーマンス時の立ち位置の確認などを行っていました。アレキサンドロは「はーい、オォヤマサーン」といつでもハイテンションの元気のいい挨拶が。

wcs2006 team Italy practice
(外は暑かったけど頑張ってましたよ)

でも今日はそこで終わらず、「ちょっと聞きたいことがあるんだけれどー」と。なんだろうなと思っていたら、どうやらパフォーマンス時に言うセリフの正しい日本語の発音を教えてくれ、とのこと。さてさて、快諾したもののー……
» read more

9月から中国でゴールデンタイムにおける外国産アニメの放送が禁止に

ヤフートピックスでも掲載されましたが、9月から中国でゴールデンタイム時(17:00〜20:00)の外国産アニメの放送が禁止されることになるそうです。外国産という遠まわしな言い方をしているものの、これはもうほぼ100%日本産アニメのことを指しているようなものなので、日本産アニメということで話しを進めていきます。
日中でアニメ関連のビジネスをされている方にとったらますます逆風ですね。ただでさえ新作アニメの輸入が制限されている中(実質0に近い)、色々と打つ手がなくなってきたという感じではあります。しかもこれには、アニメ情報系番組というカテゴリーも含まれており、これまで紹介というスタンスで日本産アニメを放送していたところがたくさんありましたが、それもゴールデンタイムではやっちゃだめということになります。
» read more

第4回世界コスプレサミット 涙と感動の舞台裏レポート 前編

2006年8月5日と6日に行われたコスプレイベント、世界コスプレサミット。公式ページやニュースサイトなどですでに結果が掲載されているとおり、第4回の今年は初参加のブラジル優勝とい結果で幕を降ろしました。
wcs2006 Brazil team
(もう一回来日できる航空券を高々に掲げ)

今年も私は中国代表の引率者としてこのイベントに関わらせていただきましたが、今年は昨年以上に各国の代表選手たち同士の仲が良く、最後にステージ上でお互いが抱き合って喜ぶ姿には正直ウルっときちゃいました。
wcs2006 final
(イベント終了後にシンガポール代表の子が「なんだか解らないんだけれど、このイベントってコンテストなのに、ブラジルチームが優勝しても、私、すっごく嬉しかった!」と。他の代表の子も受賞できなかったけれど、表情はすごく満足してた)

wcs2006 final 02
(しかしゲストが最後歌っていたのだが、そのときほぼ全員が感動のあまり抱き合っていたのでゲスト困惑……。特にブラジルチーム、後ろ向いちゃって、羽がブラインド状態に……)


8カ国の代表者たちが全員集合したのは8/3、そこから本番まで3日間ほどしか一緒に過ごす時間はなかったはずなのですが、めっちゃ仲が良いフレンドリーな関係になることができましたね。今でもチャットやメールなどで連絡を取り合っています。
» read more

6月末、上海2大アニメイベントの対決

色々なレポートがたまりにたまっている当Blogですが、一つずつ片付けていきたいと思いますので気長にお待ちください。とりあえずそうは言っても、Blogの長所はやはり情報の速報性というところにあると思いますので、今回は6月末に控えている上海のアニメイベントについてレポートさせていただきたいと思います。


今回6月末に上海ではアニメイベントが2つも予定されています。それも同じ時期に。

2006上海卡通总动员[shang4 hai3 ka3 tong1 zong3dong4yuan2]
日本語名『2006上海カートゥーン総動員』
日時:2006年6月28日〜7月3日
会場:上海東亜展覧館

主催は上海メディアグループ。上海のテレビ・ラジオ・映画関係、メディアを仕切ってる。


第二届中国国动漫游戏博览会高峰论坛
日本語名『第2回中国国際マンガ・アニメ・ゲームフォーラム』
日時:2006年6月29日〜7月3日
会場:上海展覧中心

主催は文化部。ここの許可がないとアニメでもゲームでも、中国では商売できない仕組み。



さてここで日時を確認された方はもうお気づきだと思いますが、このイベント、片方の開催時期が1日早いだけで、日時はほとんど同じなのです。しかもお互いの会場は車で15分ほどの距離しか離れていないぐらい近いのです。もともとこの2つのイベント、昨年は異なる時期に行われていた別々のものでした。そして今年はそれが一つにまとまるはずだったのですがー……。
» read more
<<back|<12345678>|next>>
pagetop