November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

夏休み、上海2つのアニメイベントの結末。

前回の続きです。

ここ3年は、毎年のようにもう一つのイベント『中国国際マンガ・アニメ・ゲームフォーラム』と開催日がぶつかっていながらも、独自にイベントを発展させ形を作ってきた感のあるイベント『2007カートゥーン総動員』。主催は上海のメディアを一手にまとめるSMG(Shanghai Media Group)が行っているとあって、CMは自分のところの電波を使ってバンバン流し、去年からはここ2〜3年で唯一輸入された日本アニメ『テニスの王子様』を前面に押し出したイベント作りを行っています。

photo
(今年もテニプリの声優さんたちが来た)
» read more

夏休み恒例のアニメイベントが2つ開催されました。

6月28日〜7月2日までと、6月29日から7月5日までの間で上海にて2つのアニメイベントが行われておりました。どちらも昨年、一昨年と過去2年間当ブログでも取り上げたこともあるアニメイベントです。今年はその3年目にあたり、これまでの傾向から見るとある変化がありました。まずは『第3回中国国際マンガ・アニメ・ゲームフォーラム』からレポートしていきましょう。

photo
(過去2年間あったはずのSEGAの大きな広告が無くなっていた)
» read more

上海2大アニメイベントの結末(※6月)

※4ヶ月前に『上海2大アニメイベントの対決』という投稿を行ったまま、そのままほったらかしになっておりました……。

結論から言うと予想通りのイベント内容で、興行結果は詳しく発表されていないのでわかりませんが、少なくとも公言しているような『中国のアニメ・マンガを育てよう』という類のものではありませんでした。ただ一つだけ光明があったとすれば、それは海賊版の販売が激減し、ほとんど見当たらなかったと言ってもいいぐらい改善されていたということでしょう。これには日本から来ていた玩具メーカーの関係者もちょっとビックリしておられました。

photo
(この『8万人スタジアム』の入り口は実はフェイク。本当はこのゲートを通ってずっと奥に学校の体育館みたいなところがあり、そこが会場の『2006上海カートゥーン総動員』)

photo
(昨年に引き続き上海展覧中心で行う『第2回中国国際マンガ・アニメ・ゲームフォーラム』。同じくSEGAの大きな看板が。)
» read more

国慶節、上海でアニメイベント3つ。全国では……

中国には国慶節という10月1日から7日まで、1週間の連休があります。この期間中は中国全土の観光地では人がごった返し、列車・長距離バス・空港などのターミナルは出かける人たちでえらいことになります。

この時期、色々お金もうけしようと各地で様々なイベントが催されていますが、『動漫展』、いわゆるアニメフェアもまたこの時期、学校が休みとなる学生たちを狙って数多く開催されました。上海で3つ、そしてなんと中国全体ではこの国慶節中に12ものアニメフェアが開催されているという自体になっているのです。
» read more

6月末、上海2大アニメイベントの対決

色々なレポートがたまりにたまっている当Blogですが、一つずつ片付けていきたいと思いますので気長にお待ちください。とりあえずそうは言っても、Blogの長所はやはり情報の速報性というところにあると思いますので、今回は6月末に控えている上海のアニメイベントについてレポートさせていただきたいと思います。


今回6月末に上海ではアニメイベントが2つも予定されています。それも同じ時期に。

2006上海卡通总动员[shang4 hai3 ka3 tong1 zong3dong4yuan2]
日本語名『2006上海カートゥーン総動員』
日時:2006年6月28日〜7月3日
会場:上海東亜展覧館

主催は上海メディアグループ。上海のテレビ・ラジオ・映画関係、メディアを仕切ってる。


第二届中国国动漫游戏博览会高峰论坛
日本語名『第2回中国国際マンガ・アニメ・ゲームフォーラム』
日時:2006年6月29日〜7月3日
会場:上海展覧中心

主催は文化部。ここの許可がないとアニメでもゲームでも、中国では商売できない仕組み。



さてここで日時を確認された方はもうお気づきだと思いますが、このイベント、片方の開催時期が1日早いだけで、日時はほとんど同じなのです。しかもお互いの会場は車で15分ほどの距離しか離れていないぐらい近いのです。もともとこの2つのイベント、昨年は異なる時期に行われていた別々のものでした。そして今年はそれが一つにまとまるはずだったのですがー……。
» read more

2005中国国際アニメ・デジタル芸術ウィーク レポート後編

前回更新から1ヶ月ちょっと経ちましたが後編の更新をしたいと思います。

picture - 10月常州でのイベント

と言っても前回お話したとおり、常州で行われたアニメイベントは言ってしまえば中国国内で行われている各地のアニメイベント=海賊版グッズ即売会のイベントであって、何か中国アニメ業界の発展につながるようなものはないかと探してみましたが、何一つ見つかりませんでした。何かあったのなら逆に大変貴重な情報なので教えてください。皮肉とかじゃなくて、本当に。

picture - 海賊版グッズ
(最近なんとなくだが、どういった人物がこういうグッズを製造しているのかがわかってきたような気がするし、実際あるグッズに関しては誰が作成したのかが調べでわかった)

このイベントは第1回開催のときは日本の関係者からも評価されていたイベントだったのになぜここまで落ちてしまったのか……。
» read more

9日、いよいよ中国初、『正規版』のみで行われるアニメイベント開催

picture - 旗
(※会場となる中信泰富で7日撮影
上海国際芸術祭 2005年11月9日(水)〜13日(金)「アニメ文化芸術系列活動」)


現在、北京時間の6時になろうとしています。
7時には起きて、会場へ行き、運ばれてくるプラズマの手配をしなければなりません。
正直、非常〜に眠たいです…。
おまけに準備がまだほとんど終わっていないので、8日は徹夜になるとのことです。
イベントは13日まで開催され、朝11時(週末10時)から夜10時までやってます、1日が非常に長いです……。


ということで今からちょっと寝ます。
イベントの詳細はJETROのホームページでご確認ください↓
http://www.jetro.go.jp/china/shanghai/jp/contents/1028/051028.htm



他にもイベント盛りだくさん。
ただ、体力が続くかどうかが心配です……(w;




最近これの準備ばかりで更新がほぼ、停滞しておりました。
13日にイベントが終了し、撤収作業が完全に終わるまで更新はないかもしれませんが、コメントはいただければ時間の許す限りお返ししようと思うので、どうぞよろしく。

上海で『正規版のみ』のアニメイベント11月9日〜13日

上海文匯新民連合新聞集団、本社ビルの『ローマホール』で27日午後2時、11月9日から5日間上海で行われるアニメイベントの記者発表会が行われました。
picture - roma hole
(開始1時間前に撮影)

今回のイベントの根幹となる部分はずばり『著作権保護』と『海賊版反対』です。「著作権の保護なくしてコンテンツ産業の発展なし!(※要約いたしました)」という主催の日本貿易振興機構(JETRO)の上海代表処、コンテンツ流通促進センター長の力強い発言のもと、イベントの告知が行われました。

当Blogで再三とりあげている中国のアニメイベントをずばり一言で言うと『海賊版グッズの即売会』です。今回のアニメイベントは会場の規模こそ小さいですが、展示作品は日本動画協会のものを使用しており、中身のあるイベントになっています。間違いなく中国で初めて正規版コンテンツだけで行われるアニメイベントだと言っても過言ではありません

アニメの展示作品は中信泰富広場の地下1階で行われます。


また今回のアニメイベントはアニメ作品の展示以外に、映画上映、シンポジウムを準備しています。

映画は新海誠監督『雲のむこう、約束の場所』と押井守監督『イノセンス』の2本が公開される予定です。場所は蘭心大劇場です。

そしてシンポジウムは次の4つのテーマに分かれ、2日かけて行われます。
テーマは以下のとおりです。講師の方もそうそうたるメンバーが招待されています。場所は記者発表会と同じく文新集団のビル内です。

11月11日
「アニメ制作の現状と課題」
「アニメコンテンツビジネスについて(マーチャンダイジングなど)」
「アニメコンテンツビジネスとメディアの関わりについて」

11月12日
「著作権ビジネスの重要性と海賊版対策について」



picture - ポスター3枚
(展示・映画・シンポジウムのポスターです。)




もっと細かく紹介しなければいけないのですが、何せ10月入って何度も『寝るときに空が明るくなっている』という状態です、いまモーレツに眠いです…。ということで詳しくは明日にでも加筆させていただきます。

最後に今回のこのアニメイベントの成功率は本当に未知数で、関係者一同期待と不安が入り混じっております。しかしできる中で最大限努力して準備をしてきたイベントなので、残り約2週間、精一杯がんばろうと思います。



けど、今は睡魔に勝てません……。おやすみ。

中国で「サル、ゲッチュ」

もうすぐみなさんには公表できると思いますが、あるイベント告知用にソニーさんにお願いしてサルゲッチュの着ぐるみを撮らせていただきました。
以下、撮影終了までのいきさつをご紹介します。

担当の方「なるべく人通りの多いところは避けた方がいいですね。もし万が一公安に見つかって捕まったら、ホント、『サル、ゲッチュ』ですからね、シャレになりませんよ。ははは」

私「ははは、ほんとに。あ、今ディレクターとカメラマンが打ち合わせしてるので少しお待ちください。」

待つこと3〜5分。

移動…、目的地到着。



着いた場所は上海の超有名観光スポット、南京路だった。

picture - 南京路
(写真は夏。)
» read more

玩具展に行ってきた、けど……

結論、『普通過ぎて特に感想はありません。』

picture - 会場 picture - 会場内
(会場の外と中)

会場の外で通行パスを持っているおじさんがいて、「10元で貸してやるよ。」と。で、入り口で係り員がバーコードリーダーのような機械でパスをチェックした後、おじさんが「はい、じゃあそれ返して。」と返却。そんな管理でいいんだろうか、玩具展…。

日本からはタカラ・トミー・バンダイがブースを出展していました。それ以外にも海外ヨーロッパ系の企業もいくつか見られました。ただ感じたのは、どこも自社で自信のあるオモチャをアピールしていましたが、なんとなく本当に中国の消費者が欲しいと思うようなものを探っているのではないかと思いました。なんとなくね。

さて帰りに急ぎで撮ったこの写真、何が写っているかというと……

picture - 逆光写真
(逆光になってしまいましたが、わかりますか?)
» read more
<<back|<1234>|next>>
pagetop