July 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

中国アニメフェアの来場者は10年連続で100万人超え、しかし大きな課題が一つ。

 第10回中国国際動漫節(中国アニメフェア)の来場者は、公式ウェブサイトの発表によると138.2万人。昨年は123万人であったとか。第1回の入場者は120万人という発表だったので、年々増え続けているということか。

 そのほか参加した企業の数や、イベント中に契約成立した作品数などの数字が挙がっている。しかしその数字は、現在の中国アニメ産業の規模を語るための指標としてはアテにならない。なぜなら、この約10年、「喜羊羊与灰太狼(シーヤンヤン)」以外にビジネスとして継続している作品はないからだ。

 そんな現状を客観的に述べた記事が「浙江在线 - 今日早报」に掲載されていた。記事によると、今年のアニメフェアにスパイダーマンやアイアンマンが登場し、いっそう国際的になってきたが、そのような作品が中国のアニメ市場を占めている現状を指して「杭州が『動漫之都(※直訳:アニメのシティ)』になったと言えるだろうか」とのこと。

 アニメフェアでの中国動画学会会長の余培侠氏のコメント「中国はまだ、国際的に影響力のあるアニメブランドを、一つも生み出してはいない」が、発表された数字よりも現実的な、中国アニメのいまを物語っているのではないだろうか。

「アニメフェアの来場者、136.2万人」(公式ウェブサイト)

http://www.cicaf.com/xwzx/content/2014-05/04/content_5267921.htm


「アニメフェア閉幕、杭州産のアニメ映画2作品が上映」(浙江在线 - 今日早报)

http://zjnews.zjol.com.cn/system/2014/05/04/020003636.shtml


「(※2013年)アニメフェアの来場者、123万人」(人民网−人民日报)

http://media.people.com.cn/n/2013/0503/c40606-21351436.html

スポンサーサイト

pagetop