September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

4/28の開幕式でセイントセイヤ登場??

第3回中国国際アニメフェアが始まりました。

実は28日はビジネスデーということで、すでにイベント自体は始まっております。第1回目のときはビジネスデーなのになぜか子供がわんさかいたので、今年もそうだろうと思っていたものの、現地の人の話によると、わりときちんと業界人の方のみが入れるようになっていたそうです。(私は今年は用事で30日から杭州なので、現場の様子はまだわからず)。

さて4月28日はイベント会場ではないところで、開幕式典が行われていました(場所は省人民大会堂前広場)。第1回目の様子はこちらです↓
http://dashan.jugem.cc/?eid=149

今年は開幕式の様子を見ておきたかったな〜と思っていたら、ネットのストリーミングにて見れるサイトがありました↓。
http://comic.qq.com/a/20070428/000010.htm

記事の続きは一度、このサイトの映像を見てから読んでいただきたいと思います。つっこみどころ満載です。
開幕式の様子ですが、浙江衛星チャンネルにて生放送で放送されておりました。最初の10分ほどはお偉いさん方々の偉いあいさつが続きます。とりあえず『偉い』というのだけはわかりましたが、その偉い人の話を現場の人がむすーっとしながら拍手している姿をそこでスイッチして映したらアカンやろと思いながら、その後からが本番開始!


まず花火が上がりました。

その合図とともに着ぐるみや華やかな衣装をつけたパフォーマーが登場しましたが、画面上に少なくともスパイダ○マン、ドラ○もん、タ○トルズ……、ライオ○キング、プ○さんなどのキャラクターたちが……あ、毎年言ってるけど、ミ○キーはやばいんとちゃう……。


その次からあるテーマに沿ったパフォーマンスが続々と登場してくるのですが、最初に登場したのは和谐世界(he xie shijie)というテーマで登場した、セイントセイヤっぽいクロスをつけて登場した人たち……ていうか、まるっきりゴールドクロスやん!


その後、意外におどろいたのが、花の子ルンルン(中国語は『花仙子(hua1 xian1 zi)』)の主題歌とともに、キャラクターなどに扮した人たちが登場。主題歌はそのまま日本語で流れていました。


コスプレイヤー登場。どうやらオリジナルのようなので、何のキャラクターかわからず。しかし、アナウンサーは「アニメのキャラクターは人々に楽しみを与える〜」だか何だかのコメント……。もっとも冒頭から、本当にアニメをわかって言ってるのかどうかが怪しい。


だんだんパフォーマー(出演者)が増えてきました。
オープンカーが登場し、車の後に続いてパフォーマーたちが杭州の街を練り歩きます。ドラ○もんがオープンカーから手を振っています。ブラジルのサンバやら、アフリカの民族文化の踊りのようなもの、あ、フレンチカンカンが……。

もう現場は何が何だかわかりません(苦笑)



イベント会場の様子はこの目で見てみないことにはわかりませんが、個人的には過去2回の内容とあまり変わらないように思います。開幕式から見てわかるのは金がかかっているということぐらいで、結局イベントを運営する人たちやそれを取り巻く人たちがアニメというもの、今世界中でどうしてアニメが流行わかっているのかどうかについてわかっているのかは、はなはだ疑問でした。

スポンサーサイト

comments

私もテレビの生中継で見ました・・・

あのミッ●ーはやばいやろ。
そしてあのドラ●もんはないやろ。
だって顔から下が、人間と一緒の頭身・・・それはあかんよ。
聖●も、見ました。あのゴールドは・・・汗
そして、ウ●トラマンは、ピッタリスーツではなくて、
変すぎて笑えました。

そしてセクシーなサンバはアニメとどういう関係があるのか・・・


仕事仲間は、あのパレードによる大渋滞に巻き込まれ、
タクシーはつかまらんわで、大変だったそうです。。。


あのパレードを行う意味はなんだろう・・・

  • DaDao
  • 2007/04/30 12:33 AM

そういうパレードは恥だといっても過言ではない。

  • wing
  • 2007/05/01 11:42 AM

日本のアニメをゴールデンタイムから外させておきながら、国家文化部の多大なる支持により行われる(?)動漫節に日本アニメ(っぽいもの)満載っていうのは、矛盾しまくってると思いますが・・・

  • JIZI
  • 2007/05/04 1:15 PM

>DaDaoさん

生中継で見てましたか…(w;

あれを平気で演出したプロデューサーに一度、会ってみたいですね。


>wingさん

そうですか。


> JIZIさん

理想と現実を両天秤にかけたときに、
結局 『実』を取らないとやっていけないのでしょう。

中国だけでなく、世界中で行われているアニメイベントで、日本のアニメがなければ、アニメファンが行く、意味がないですからね。

  • だーしゃん☆
  • 2007/05/04 5:35 PM

はっきり分かってなくて申し訳ないが、このイベントというのは、
どっかの団体が勝手に主催してるもんなの?
それともある程度は中国政府も絡んでる上で行われてるもんなの?

  • tagao
  • 2007/05/13 4:02 PM

非常に連絡が遅くなり、申し訳ないです。。
書き込みをしていただいていたのを見逃していました。

さて、このイベントはもちろん『国家広電総局』という立派な政府機関が認めているものです。ただ、それを実際に運営しているのはやはりイチ『企業』による運営となり、中国政府の中にきちんと『動漫(マンガ・アニメ)』に対してきちんと理解している人材があまりいないことが、こうした結果を生むことになっているのです。

  • だーしゃん
  • 2007/07/04 3:58 AM
   

trackback

pagetop