June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

上海2大アニメイベントの結末(※6月)

※4ヶ月前に『上海2大アニメイベントの対決』という投稿を行ったまま、そのままほったらかしになっておりました……。

結論から言うと予想通りのイベント内容で、興行結果は詳しく発表されていないのでわかりませんが、少なくとも公言しているような『中国のアニメ・マンガを育てよう』という類のものではありませんでした。ただ一つだけ光明があったとすれば、それは海賊版の販売が激減し、ほとんど見当たらなかったと言ってもいいぐらい改善されていたということでしょう。これには日本から来ていた玩具メーカーの関係者もちょっとビックリしておられました。

photo
(この『8万人スタジアム』の入り口は実はフェイク。本当はこのゲートを通ってずっと奥に学校の体育館みたいなところがあり、そこが会場の『2006上海カートゥーン総動員』)

photo
(昨年に引き続き上海展覧中心で行う『第2回中国国際マンガ・アニメ・ゲームフォーラム』。同じくSEGAの大きな看板が。)
『2006上海カートゥーン総動員』の目玉は中国で正式に放送された『テニスの王子様』をこれでもかっ!というぐらい前面に押し出した感じでした。予定されていた声優の方も招待されていたようで、出演日は入場制限でイベント会場に入れなかった子たちでごった返していたんだとか。後日地元のアニメチャンネルで放送されていた会場の様子と独占インタビューの様子で知りました。(関係者口から行こうとしたら、当日寝坊してしまいました……)

photo - tenipuriphoto - tenipuri goods
photo - tenipuri logophoto - tenipuri
(会場はテニプリだらけ)

photo - minagawa junko
photo - onosaka
(招待されていた声優さんは主人公、越前リョーマ役の皆川純子さんと桃城武役の小野坂昌也さん)


一方の『第2回中国国際マンガ・アニメ・ゲームフォーラム』。会場内のゲームは入場料さえ払えば後は無料でプレイできるとはいえ……

photo - anime eventphoto - anime event
photo - anime eventphoto - anime event
完全にゲーセン状態

photo - liyuchun miphoto - liyuchun
(初日は昨年、一世を風靡した国民的オーディション番組で優勝した李宇春がゲストで登場。一応このオーディション番組に登場したアイドルたちをテーマにしたゲームの発表会を兼ねているようだったけれども……。チケットを買わずに出待ちをするファンの子達の目的は果たして……)


今回この2つのイベントの主催者は、もともと仲良く手を組んで、一緒にイベントを開催する予定だったそうです。ただ条件面で折り合いがつかなかったのでしょう、こうして2つに別れ、一番割りを食ったのは日本企業だったのではないでしょうか。テニスの王子様の中国ライセンスの窓口となっているADKはどちらのイベントにも出展しており、両主催者のメンツをつぶさないよう配慮したものと思われます。そしてSEGAやKONAMIといったゲーム会社系は経営に直接関係のある文化部主催のイベント(『第2回中国国際マンガ・アニメ・ゲームフォーラム』)に出展することで、今後の業務を円滑に進めようとしているのでしょう。

掲載した写真はごく一部ですが、どこを見渡してもあまり中国テイストのアニメ・マンガはありません。『第2回中国国際マンガ・アニメ・ゲームフォーラム』では一部、中国国内のマンガ家の作品展示がありましたが、「スペースが余るからとりあえず置いとけ」、みたいな扱いです。

もうこれまですでに10以上の中国のアニメイベントを見てきたわけですが、よくわかるのは『主催者はチケットの売り上げで儲けよう』としていることです。最近はさすがに本当のアニメファンたちはわかってきているようで、『漫展是骗人的东西(アニメイベントは人を騙しているところだ)』と言った声もあります。


この2つのアニメイベント、あえて勝者・敗者を決めるなら、テニプリのオリジナルグッズを作るなど、ガンガン攻めていった『2006上海カートゥーン総動員』に軍配が上がるのではないでしょうか。ただし、中国のアニメ・マンガの発展のため〜という、自分たちが持っている最大の使命はどこへやら……と責めても仕方のない事情があるのですが、それはまた次回に。

Qアナタの予想、その事情とは?
1.中国国内に面白いコンテンツがない。
2.中国国内の番組だと視聴率が取れない。
3.広告が付かない。
4.本当にアニメの発展に必要なものを政府はわかっていない。

(次回へ続く)



(関連リンク)---------------------------

『2006上海カートゥーン総動員』
http://www.shanghaiaf.com/
(公式ホームページ)

『第2回中国国際マンガ・アニメ・ゲームフォーラム』
http://www.intl-cg.com/
(公式ホームページ)

昨年のレポート『第1回中国国際マンガ・アニメ・ゲームフォーラム』
http://dashan.jugem.cc/?eid=183

スポンサーサイト

comments


突然メール失礼しました。



貴社はアニメーション事業の海外展開を積極的に行っていることが知られました。


はじめまして。私はムン二・カンパニーの日本語コミュニケーターAntoni Phan Phuongと申します。
ムン二・カンパニーはベトナム、ホーチミン市に拠点を置く『デジタル画像処理サービス』の専門会社で、日本の印刷会社、DTP、ウェブデザイン会社に対し、月曜から土曜日、週6日24時間オンライン画像処理サービスを提供しております。主なサービスは日本のアニメーション作品における仕上げ作業、動画作業(デジタル)です。また、クリッピングパス(背景を切り取る画像切抜)、レタッチ(画像修正)可能です。
日本に向けてアニメの製作を加工して頂ければ、日本のすばらしい文化や高度な技術をベトナム人の若者にも伝えたいとも考えています。

貴社は、手間のかかるアニメーション仕上げ・動画製作や、画像修正、画像切抜きといった『多量の画像処理作業』をお持ちではないでしょうか?ご承知のようにベトナムでのアニメの仕上げや動画製作が出来る人と、CGデザイナーの人件費は日本国内に比べ、格段に割安です。例えば手間のかかる画像修正やアニメの仕上げ・動画作業といった『画像処理作業』を弊社に外注し、貴社の社員はよりデザイン性・プログラミング性の高い仕事に集中することが可能です。ベトナム人熟練スタッフが日本のオペレーターに限りなく近い品質をご提供するでしょう。作業のコストや効率性、会社の収益性といった面からも、ベトナムへの外注は貴社にとって大変有益です。外注をご検討されてはいかがでしょうか?
ベトナムの会社への外注に不安があるお客様のために、現在、無料で見積り、サンプルファイル製作を受付け中です。ぜひ一度弊社のサービス内容と品質をお確かめください。
どうぞお気軽に日本語でお問合せください。


ムン二・カンパニー



Antoni Phan Phuong



**************************************************
Moony Co., Ltd.
 83/502 Nguyen Kiem St, Go Vap Dis, HCMC. VietNam.
TEL、FAX: 0084-8-9163381   HP: 0909.129.843 
**************************************************

  • Antoni Phan Phuong
  • 2006/10/29 4:06 PM
   

trackback

pagetop