June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

上海にオープンしたSEGAのゲーセンに行って来た

24日、上海市の『新世界』というデパートに新しく出来たゲーセンに行ってきました。

picture - 入り口
(『新世界』デパートの8階と9階にデ〜ンとオープン)


24日はプレオープンということで、正式のオープンは30日なんだそうです。そのためまだ多くのゲーム機が稼動していない状態で、店員さんの応対も不慣れな感じでした。たびたび関係者の方たちが集まってなにやら相談している姿が、オープンのあわただしさを物語っているようでした。

picture - SEGAのゲーセン
(正式にオープンすると専用のカードを使ってゲームを利用するようになるるらしいのですが、この日は100元購入すると200元分のゲームが利用できる券がもらえました。額面は10元)

まだ動いてなかったけれど、あのムシキングが10台ほどありました。中国語の名前はたしか「昆虫王者?」だったかな。中国でもこの手のカードゲームは流行るのでしょうか。そしてウワサでは三国志のカードゲームも稼動するという話があったのですが、今日みたところではそんなゲーム機は1台もなかったような気がします……。
現在上海市は、新しいゲーセンのオープンに対して非常に厳しく取り締まっています。そのため今回この新世界デパートにオープンしたゲーセンは、『ゲーセン』という位置づけではないそうです。詳しくは知りませんが、まあ簡単に言うと青少年が健全に遊べる娯楽施設、ということにしてオープンにこぎつけたということを聞きます。

そういうわけでこの施設内にはビデオゲームがほとんど存在せず、車のレースゲームや、UFOキャッチャー、メダルゲーム、そしてスポーツゲームといったラインナップでした。そこで発見した、ストラックアウト!

picture - ストラックアウト
(目標までの距離は5m……)


せっかくスピードが表示されるようになっているのに、目標までが5mほどしかなく、投げるボールも昔プラスチックのバットで遊ぶときに使ったようなやわらかいボールだったので、野球好きの日本人には満足いく内容ではありません。でも見ていたらこちら、上海の人になかなか好評でしたね。投げ方を見ていたら、野球をみんな知らないのか、ほとんどの人が特殊な投げ方で5m先の枠を外していました。手本を見せてやろうと言わんばかりに私も挑戦しましたが、ボールがポコポコやわらかいので1球しか的に当たらず……。球速は90km。

動いていないゲームがまだかなり多くあったせいかどのゲームも順番待ちだったので、今日は1つだけレースゲームをしてみました。

picture - レースゲーム
(1回5元、4人同時対戦)


普通に面白いんだけれど1つだけ問題が。。
このゲーム、AT(オートマ)とMT(ミッション)を選べるシステムになっているのですが、なんと機械に変速させるためのレバーが付いていません! 選んでもずっと1速のまま、なんてことに……。並んでる間に3人ほど発見して画面上にずっと『Shift UP!!』の文字が……。ちなみに私の番のときに、4人の中でやたら上手な人発見。しきりに首をかしげてたのは、普段の走りはもっとすごいのだろう。


結局最新レポートをお送りしようと意気込んで朝10時に行ってきましたが、当たり障りのない文章になってしまいました。実は今日朝10時に行ったものの、VIPを先に場内へ招待するということで、一般客はずっと待たされていました。2時間半待ってもまだ入れてくれなかったので、夜、再度出直して行ったのです。まだ正式にオープンしていないことや、中国独自のやり方に色々と運営面でとまどっているということを考慮して、今回はあえて批評しないことにいたしますが、地元のゲーム好きの人間たちが「ここは俺らが思ってたゲーセンじゃない」と言ってどこかへ行ってしまった事実は、現実にあったこととしてお伝えします。なんでか?は、また次回に。

ちなみに今日はカードではなく、額面が10元の券をもらえたと冒頭でお話いたしましたが、券の裏面に有効期限が27日までとハンコが押されていました。もちろんそんな説明は事前にありませんでした(※あとで券についての説明が書かれた紙が貼られました)。ただ、プレオープン時はその券を使って施設内のゲームを遊ぶようになっているのかと思っていたら、どうもメダルと交換し、メダルを使って各種ゲームを利用するようです。ということで今日もらった200元分のゲーム利用料金は全部メダルに替えてきました。今度お正月、どなたか一緒に遊びに行きましょう、メダル分けてあげます(w;

今回直感的に思ったことは、せっかくカードで利用料金を精算するシステムを取るのだから、メダルは排除、もしくはメダルゲームのみでやればいいのにと思いました。それからUFOキャッチャーで『これが取りたいから落っこちる穴の付近まで寄せてくれ』というのを当たり前のように言うお客さんに対して、UFOキャッチャーのゲーム性を理解してほしいと思ったし、一度要望を聞いてしまったがために店員さんが忙しく人形を移動させていたのにはどうも違和感を覚えました。主人公が無敵のゲームをやっても面白くないでしょうに。


最後に、雛形あきこ似の超カワイイ店員さんがいたことを報告して今回のレポートを終わります。



追加:
picture - 有名バスケマンガ?
(胸にKAINANと書かれたロゴ。老母心ながら、こういうクオリティーのゲーム機は置かないほうがいいと思う。)

スポンサーサイト

comments

レポート、面白かったです。
やっぱオープンしたばかりだと混乱がありそうですね。
レースゲームなんて大問題。w イニシャルDかな?
今度上海に行った時はゲーセンめぐりもしたいですね。


  • motoyan
  • 2005/12/25 3:00 PM

大連にもゲームセンターはあるようですが。
…時間があまり持てないので試してません。

  • curotora
  • 2005/12/25 11:57 PM

>motoyanさん
レースゲームは、あれはどうしたもんかいな、と思いました。プログラムの修正をするなら早くやるべきだし、やらないならレバーをつけるべきかな〜と。
イニシャルDはまだ稼動してませんでしたが、あれは普通でした。
ゲーセンめぐり〜ならこのセガとあと1件大きいところ知っていますので、ご連絡くださいm(__)m

>curotoraさん
あと北京や広州も盛んだそうで、杭州も何気に多かったりします。

  • dashan
  • 2005/12/26 4:42 AM
   

trackback

pagetop