September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

中国のライブイベント事情 〜ラルクの上海ライブ〜

ラルクのライブに行ってきました。

picture - ライブ開始30分前
(ライブ開始30分前。最前列は5000元、日本円で約7万円はする…)


無事、ダフ屋からチケットを買うことができたのですが、ダフ屋について少し補足説明をしなければいけませんね。ま、それは後回しにするとして〜。

ライブは大いに盛り上がりました。まるで日本のライブイベントにいるかのように、「ハイドー!」 「テっちゃ〜ん!」という声が聴こえてきました。ある曲なんて、観客みんなhydeに合わせて歌っちゃってるし、日本語で。

とまぁ中国ならではの面白いエピソードがいくつもあるのですが、そこはだーだおさんに任せるとして、何でラルクのライブへ行ってみたかったかを記事にさせていただきます。もちろん個人的な楽しみで行った部分もありますが、一番の理由はコンサートにおける中国特有というか、日本ではまず考えられないことがいくつかあるのです。

中国で行われたライブのDVDなどを見ていると、観客席で無数のフラッシュ光っている様子が見えますが、これ、ファンがカメラで写真撮ってるんですよ

日本も今はカメラ付ケータイの問題などがありますが、基本的にライブ会場内での撮影は禁止ですよね。今回ラルクのライブが始まる前に何回も場内アナウンスで「カメラで写真を撮るのは禁止です」と注意されていましたが、19:50、場内が暗くなってメンバーが出てくるなり、客席から光が…。


もちろんみんながみんな写真撮っているわけではありません。1万人収容の会場で2階席のファンたちも含め、ほとんどのファンが両手を挙げてラルクのメンバーに声援を送っていたのですが、私の左隣に座っていた女の子だけ右腕をずーっと中央のステージ方向に向けたまま下げようとしません。

私の頭ん中「すごいなぁ、ファンだから疲れも全然気にしな・・・ん?」

picture - ん?
(写真の左端の方を良く見てみると…)
なにやらその女の子、右手に何かを持っておりました。



最初はケータイかと思っていたのですが、よく見てみたらMP3プレーヤーでした。
picture - mp3 rec
(画像のレベル補正をかけてみたらハッキリ映った右手)


かすかに光る文字でRECという文字が見えたので、ボイスレコーダー機能が搭載されているのでしょう。ライブは2時間弱ありましたから、かなり高性能(※大容量)なヤツだったに違いありません。


9/5にボーカルのhydeだけ先に上海で記者発表を行いましたが、そのときにファンが撮ったと思われる写真が中国の検索サイトでキーワードを打てば、次々と出てきますし、何より中国のラルクファンから聞いた話によると、ラルクのコミニティー上にはナンデモあるそうです。きっとこのとき録音された音源がMP3となり、インターネット上をかけめぐることも時間の問題でしょう。


ライブ会場での写真撮影や音源の録音などやりたい放題なイベントだったわけですが、堂々と行われていないだけで、いま日本やアメリカでもちょっとした問題になっていると聞きます。ある音楽関係者の方とお話をしたときに、アメリカのミュージシャンの場合、ライブ会場で行われているそういった行為に関して、「どんどん録音してくれ」派と「絶対禁止、荷物検査を徹底してカメラ・レコーダー類は没収!」派がいるという話題になりました。

コピーと情報配信がたやすくなった今、インターネット上で流れてしまう現状に関して真っ二つに意見が分かれているのです。まだまだ議論がされつくしていないので何とも言えませんが、個人的見解としては、「ライブ会場でファンが録音した音源」を聴いて満足する客もいるし、「ライブ会場に行って聴かないと気がすまない」ファンと、単純に2通りのタイプがいるのではないでしょうか。もっと簡単に言うと、ファンが録音した音源で満足してる客は多分この先、ライブ会場へ行くことはまず無いので、聴きたいなら聴きたいで別にほっとけばいいでしょう。よーするにCDを買う客かもしれないけど、ファンではないのです。もしかしたらCDどころか、MP3で済ませようと考えるかもしれません。

(※この発言は著作権者の同意を得ないでインターネット上にデータをアップロードし、いつでも不特定多数の人間に対してダウンロードさせる行為を認めるとは一切言っておりませんのであしからず。



で、話を最初に戻すと、私が買ったチケットは額面では1000元と書かれたあったのですが、実はその半額で私は買いました。チケットに赠票[zeng4piao4]と書かれてあり、直訳すると『贈り物チケット』、つまりあらかじめ主催者側が関係各社へ贈ったチケットだったのが、それがいつの間にかダフ屋へ流れているという構造なのです。

picture - チケット
(ダフ屋っていうか、額面より安く売る感覚がまだちょっと良く理解できない)


ラルクのライブへ行く前にたくさんの人がこう言ってました。「当日たくさんダフ屋がいるからそのチケット買いなよ、額面の3割引きから買えて、コンサートが始まったら6、7割で買えるよ」とのこと。

正直こんなことしてたら、いつまでたってもライブイベントの収益バランスが健全でないままです。最近この「贈り物チケット」問題に関して法律が出来て、確か施行されたのかな? また調べておくとして、今回はこのへんで。



ラルクのメンバーが一生懸命、中国語を話していましたが正直聞き取れたものは結構あったものの、わからないものは「まったくわかりませんでした」。
ですがその一言一言に「きゃー〜!♪」と答える中国のファン。でも本気でhydeが何を言っているのかわからないときの「阿〜?※」という返事にhydeが見せた困惑の表情を私は見逃しませんでした(笑)。

(※関西人がケンカ越しに「あぁ??」と言うのに似ている、日本語で「ん?」とか「え?」の意味。音だけ聞くと「あぁ〜」だからビックリするよね(w)


けどhydeだけカンペ見ないでよく、アレだけ中国語でパフォーマンスしてたなぁ、と感心しました。中国の彩虹迷[cai3hong2 mi2]のためにも、また来てほしいものです。




picture - 全員総立ち
(※ 自主規制によりぼかしを強くかけさせていただきました)


(関連サイト)------------------------------------------------


http://www.doblog.com/weblog/myblog/13145
(Doblog - だーだおの杭州生活雑記 -)

※たぶん11日(日)か12日(月)に記事がアップされると思います。

スポンサーサイト

comments

お疲れ様でした!!次回は是非、サクラ堂へ行きましょう。
中国ダフ屋は、ワタシもよくわかりません。
2001年西湖博覧会の開幕式はダフ屋からチケット入手して400元で黎明、王菲、張学友という豪華メンバーの生歌を聞くことができました。今思えば招待券が安く出回ってたのかも。
5,000元のチケット入手した人は、富裕層でしょうねぇ…一般市民の給与超えてますやん。
でもまぁ、ワタシは特定の誰かを追っかけてるとかいうのがないので、それだけ高価でもコンサートに行きたいアーティストがいる人って有る意味羨ましかったりします。

  • JIZI
  • 2005/09/11 12:06 PM

ダーシャン様
ラルクのライブに行かれたんですね、楽しまれたようでファンとしても嬉しくなりました。
撮影と録音とダフ屋は、ダーシャさんの「会場で録音しているのを聴いている様な奴はCDを買わないだろう」というのはその通りだと思いました。
それにしてもその録音・撮影の堂々っぷりには驚きました、フラッシュが光るなんて…すごいですね、日本だとちょっと考えられません。
盗録・盗撮にしろダフ屋にしろ、結局は回り回って自分達の首を絞めている様な気がします。こっそり自分だけ得をする…ということは結局できないのではないでしょうか…。(溜息)

>だーしゃん
いろいろ流れています・・・orz
ファンとしては、嬉しいような悲しいような・・・
でもクリックしてしまう・・・

>JIZIさん
私の友達は、3000元をこの日のためだけに、
何年かかけてためていました。
決して富裕層じゃないです・・・
やっぱ好きなものを追っかけるパワーはすごいです。

  • DaDao
  • 2005/09/14 2:21 AM

いまもう5時になろうかというところ。
現在急に舞い込んだ翻訳の仕事をしておりますが、
コーヒーのおかげでまだ何とか眠らず続けております。

向かいの机では現在音楽番組担当の子が
ちょっと休憩〜…のつもりが、
かなり深い眠りに入ってしまいました。

それもこれもラルクの特集を組むため、
編集作業が大量に来たからですが、
ライブにも行った彼女は、イマどんな夢を見ているのでしょうか。

なんでも5日のhydeの取材でピンマイクをさしたとか。
いや〜、どんな気持ちだったんだろうなあ。

「節奏日本」で近々ラルクの特集が放送されるそうです。
みんな、ちぇーっく!


>JIZIさん
お疲れさまでした〜。
正直チケットをダフ屋から値段の半額で買う、
というのはまったく想像できていませんでしたが、
こっちでは当たり前みたいですね。
しかし5000元はさすがに手が出ないと思いながらも、
もう一度、最前列で座っていた子たちの興奮っぷりが
思い出されます……。

サクラ堂はまた今度〜よろしく〜。


>サイン・コサインさん
インターネットがどこまでも普及している世の中では
仕方のない事情なのかもしれません。

ただ一つ違うのは、
私が言いたかったのは「ライブを録音している人」は、
CDは買う層だと思います。

外見で人を判断するのはいけませんが、
隣で録音してた女の子は、本当にラルクが好きで
たまらなかった子でしょう。
(MP3プレーヤーを持っていない方の手を一生懸命ふって応援してた…(w;)

彼女の場合、それを自分だけで満足するだけでなく、
同じラルクファン同士で

  • dashan
  • 2005/09/14 6:06 AM

(※ 続き)

共有したい気持ちで
データをアップロードしてしまうのでしょう。

そしてそのアップロードをただ聴くだけで満足する人、
というのは結局ファンではないため、CD購入へと
結びつかないのではないかと考えるのです。

とまぁ、全部憶測に過ぎませんので、
「何をえらそうなこと言ってるのやら」とさらっと聞き流していただければ。


>DaDaoさん
あるもんはしょうがないし、
現状の法律ではダウンロードという行為は犯罪には
なりません、が、やはりどこか後ろめたさを感じますよね。

自分の中でどこかで一線引いて、
好きなアーティストの音楽CDはきちんと正規版で買う、
といったことを行っていけばよいのではないでしょうか。



あ、イマ向かいの彼女が起きて制作室へ行きました。
10分〜20分?ほどの編集作業が待っているそうです。
さて、私ももう一息がんばるか〜。

  • dashan
  • 2005/09/14 6:08 AM
   

trackback

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

  • -
  • 2007/10/17 6:56 PM
pagetop